« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

痛ー

こんばんは、ナンチャンです。

25日少年野球を指導中、スライデングの見本をやった時に右足太腿をひねりましたが、立ち上がった後、右足が痛くて歩けませんでした。年甲斐もなくチヨットみっともなかったです。午後外科病院で診察を受けレントゲンの結果軽い肉離れだそうです。歩くと右足の太腿が少し痛いのですが大丈夫です、特に階段を降りる場合少し膝を外側に開くと痛いです。電気と温布治療を行いましたが、全然なおりませんでした。もう病院に行きません。

自転車に乗るのはサドルをまたぐ時に少し痛いだけでペタルを漕ぐのは平気です。1ヶ月もすれば自然となおるでしよう。

高橋尚子さんはこんな状態で東京マラソンを走って1着になるのですから、すごいですね私も負けずにがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界らん展

こんばんは、ナンチャンです。

今日、後楽園東京ドームで行れた世界蘭展にワイフと行きました、洋蘭、東洋蘭が数万点展示されていました。月曜なのに大勢の観客でごったがえしていましたがなんとか全部観ることが出来ました。特に購入はしませんでしたがほしい花が沢山ありました、特に洋蘭は美しく目の保養になりました。自宅にも数株あるのですが思いだして栄養素をやるだけなのでみんな花が咲きません、やはり温室で十分な栄養、水、日光、がないとむずかしいようです。それに比べて東洋蘭の春蘭は毎年可憐な花を付けています。

1runn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画を観る

こんばんは、ナンチャンです。

今日は暇なので(ワイフに留守番をめいじられていた、内緒で)新宿ミラノ座に映画を観に行きました。香港産の”プロミス”日本から真田ヒロユキが出演しています、テレビなんかで宣伝していたので期待していたのですが、感想は 画像や衣装は綺麗でしたが脚本がもう一歩なのと韓国や中国の主演級俳優や女優が出演している為、監督の気使いが返ってわかりずらくしていると思います、昔の日本映画のオールスター総出演を思い出しました。

野球でも4番バッターや1番バッターが必要なように映画も役割分担がはっきりしたほうが、わかりやすくて感動も増すと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当らない天気予報

こんばんは、ナンチャンです。

本当は今日大島にいる予定だったのですが昨日から釣餌を買っていつでも出かけられるようにしていたのですが、ホームページで検索した天気予報が全て6日の午後から”雨か雪”となっていて、夜釣予定で雨や雪にふられては泣き面に蜂となつてしまうので渋々あきらめました。ところが今日の正午ごろは、お日様が出て気温も暖かくなったのでだまされたと思いました。天気予報なんか見ないで出発すれば良かったナー、クヤシイ!

20時頃から少し雨が降ってきましたが伊豆大島ではどんな天気になっているのかナー

イイヤー9~10日様子をみながら行くから、お魚君待ってろよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ボート免許

こんばんは、ナンチャンです。

ボート免許の資格をとりたくて見学と説明を受け、日程を確認してきました。説明では学科と実技で3日間必要で、2級(陸地から9km迄)か1級(それ以上)でスケジュウルが異なります。3月は3月19日、3月24日、3月31日と3回(2級資格が)あり各3日間です、費用は学科と実技で12万3千200円です、3月のいずれかで受けたいと思います。水上バイクの資格は5月以降に実施されます、これも受けたいです。

明日から釣に行きたいのですが、天気が心配で伊豆諸島の予報では月曜の午後から雨か雪のようなので、ためらっています、夜は寒いカナー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

自然と文化

こんばんは、ナンチャンです。

私達は自然の中で生活していますが、空気、水、植物、動物、大地、を何の気なしに当然の権利として使い、特に感謝すると言うよりももっとより便利な生活を得る為に自然を破壊さえしようとしています。そういう私も毎日暖房を使い、電気を使い、ゴミを出し、自動車等の乗り物を利用して恩恵に与っています。

植物に毛虫が来れば消毒し鳥が来れば鳥インフルエンザを心配する、蜂が来れば刺されて危険と追い払い、一方では絶滅動植物を保護してなんとか復活させようと努力する、矛盾だらけの世界です。魚釣でも、自分の食べる分だけ捕ればいいものをより大きく沢山捕り食べなければ人に上げたり捨ててしまう、無益な殺生をしています、そのくせ最近は〔魚が少なくなった〕と嘆く。アーなんと自分勝手な私でしょう。

他人に‘私の趣味は自然と遊ぶ事です’などと平気な顔をして言う自分が恥ずかしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »