« 暗闇に怪しく光る夜光虫 | トップページ | スイーッ »

また一人友人が・悲しい

今日は悲しくて胸の奥がつかえています。

大切な友人を胃がんでなくしました、私よりも3歳も若いのに、昨日、電話で知らされた時はまさかと思いました。

エイズやガンや肝炎、本当に治せないのでしょうか?テレビでも子供が不治の病で苦しんでいる姿が映ります、薬や医療技術の進歩でもどうしようもないのでしょうか?

半年前は元気だったのに、発見が遅れただけで、腰が痛い、食欲がなくなった、見る見る痩せて、身体中チュウブをつけて栄養や排出物を処理し、酸素マスクでいかされる、定期的に痛みが来て、痛み止めのモルヒネの量が段々増えて、意識がなくなります。

早くどんな病気でも医者が治せる時代になってほしい、私の願いです。

勿論、老衰はやむを得ない、でないと年寄りばっかりになっちゃうもんね。

3日通夜、4日告別式、悲しい顔は見せたくないなー。

3日は10時から病院で私の手術結果の確認もあります。

|

« 暗闇に怪しく光る夜光虫 | トップページ | スイーッ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137308/17245728

この記事へのトラックバック一覧です: また一人友人が・悲しい:

« 暗闇に怪しく光る夜光虫 | トップページ | スイーッ »